振袖レンタルにかかる費用の平均はどのくらい?費用を抑えるポイントも紹介します!

「成人式の準備にはいくらかかるのだろう」
成人式を控えた女性の方やその親御様の多くが、成人式の準備を始める際にこのようにお考えになることでしょう。
そこで今回は、女性の成人式にかかる費用と振袖をレンタルする際に費用を抑えるポイントをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□女性の成人式にかかる平均費用はどれくらい?

女性の場合、振袖だけでなく前撮りやアルバム購入、ヘアメイクなどにも費用がかかります。
ここでは、振袖・小物の相場と写真撮影・ヘアメイクの相場をご紹介していきます。

・振袖や小物の相場

振袖は、購入するかレンタルするかによって費用が異なります。
また、振袖のグレードによっても変わります。
さらに、草履やバッグ、髪飾りといった小物の費用も含めて考えなければいけません。

振袖・小物のおおよその相場は、購入の場合で30万円~100万円、レンタルの場合で10万円~30万円です。
成人式にあまりお金をかけられないという方は、レンタルがおすすめです。

・写真撮影やヘアメイクの相場

振袖を決めたら、写真撮影や着付け、ヘアメイクを決める必要があります。
写真撮影の相場は、2万円~10万円です。
ただし、アルバムの枚数によって変動します。
ヘアメイクの相場は、2万円~5万円です。

□振袖レンタルの費用を抑えるためのポイントをご紹介!

振袖のレンタル費用を抑えたいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。
ここでは、振袖レンタルの費用を抑えるポイントを3つご紹介します。

1つ目は、オプションを削ることです。
振袖レンタルの際のオプションでいらないものを削ることで、費用を抑えられます。
たとえば、写真撮影やヘアメイクを自分で行ったり、家族にしてもらったりすると、振袖や小物のレンタルのみの料金で済みます。

2つ目は、小物類を持ち込むことです。
親御様や親戚の方が和装小物を所有している場合は、借りられるか相談してみると良いでしょう。
小物のレンタル料を省けます。

3つ目は、繁忙期を避けることです。
こちらは、レンタルの繁忙期である1月に行う成人式には利用できません。
たとえば、ご自身で日程を決められる結婚式で振袖を着る場合に有効です。
同じ振袖でも繫忙期を避けることで、レンタル費用が抑えられます。

□まとめ

今回は、女性の成人式にかかる費用と振袖をレンタルする際に費用を抑えるポイントをご紹介しました。
成人式は一生に一度きりですから、後悔のないようにぜひ素敵な振袖を選んでくださいね。
本稿が皆様のお役に立てれば幸いです。
岡山周辺で振袖レンタルをお考えの方は、お気軽に当社までお問い合わせください。
一覧ページへ戻る