振袖レンタルはいつから準備したら良いの?理由も合わせて紹介します!

成人式の振袖を検討している方で、いつから準備を始めたら良いのか迷われている方は多いのではないでしょうか。
そこで今回はそんな方向けに、振袖の準備時期についてと、準備が早い方が良い理由について解説します。

□振袖の準備時期について解説します!

成人式の振袖の準備は、近年では2年半前から行われています。
具体的なスケジュールは以下の通りになります。

初めに、成人式の2年半前から情報収集をします。
自分がどのような振袖が着たいのか、トレンドはどのようなものなのかを、インターネットなどで調べてみましょう。

呉服店の資料やカタログにはトレンドの振袖が掲載されています。
予約時期が早いので、トレンドが変わってしまうと不安かもしれませんが、流行は数年のスパンで変わるので、心配しなくても大丈夫です。

続いて、成人式の2年前に振袖の予約をします。
レンタルなら、レンタルの予約を、購入予定であれば、どの振袖を購入するか決める時期はここになります。

振袖を決めたら、前撮りや当日の予約も合わせて済ませましょう。
良い日にちから埋まってしまうので、早めに予約することが希望通りの日程にするコツになります。

振袖の最終予約時期は、成人式の1年半前、前撮りの最終予約時期は成人式の1年前になります。
どんなに遅くとも、この時期までには成人式に関する予約は完了させておきましょう。

前撮りは、成人式の6か月から3か月前がおすすめです。
実際に式に着る振袖を着ることになるので、本番のイメージがより鮮明になります。
前撮りは比較的時期を問いませんが、以上の時期なら余裕をもって撮影日を選べるはずです。

□振袖の準備時期が早い方が良い理由について解説します!

1つ目は、下見・振袖選びには想定より時間がかかってしまうためです。
振袖選びには考えるべきポイントが沢山あります。
具体的には、

・予算はどれくらいか
・購入するかレンタルするか
・オーダーメイドにするか既製品にするか
・デザインはどうするか

などです。
リサーチするにも時間はかかってしまうので、検討するための時間の余裕を持ちましょう。

2つ目は、時間が経つにつれて選択肢が狭まるためです。
成人式の振袖を探している方は、当たり前かもしれませんが、世代の人数だけ存在します。
早めに行動することで、新作や旧作両方から選べるので、自分の理想に近い振袖を選択できます。

□まとめ

今回は振袖の準備時期についてと、準備が早い方が良い理由について解説しました。
当社では着物屋では珍しい専属の美容師によるプライベートサロンも用意しています。
岡山周辺で振袖レンタルを検討中の方はどうぞお気軽にご相談ください。
一覧ページへ戻る