振袖の着付けをする際に押さえておきたいポイントをご紹介!

成人式に参加される方の中には、初めて振袖を着る方も多くいらっしゃるでしょう。
振袖を着て苦しくならないか、着付けには何が必要なのか、分からないことや不安なことはたくさんありますよね。
そこで今回は、振袖を着付ける際に押さえておきたいポイントをご紹介します。

□振袖で苦しくならないための着付けのポイントをご紹介!

振袖と言えば華やかである一方で、苦しそうなイメージをお持ちの方も少なくないでしょう。
しかし、着付けの際にあるポイントを押さえておくだけで、苦しくならないように対策ができます。
ここでは、2つのポイントをご紹介します。

まず1つ目のポイントは、質の良い腰紐を選ぶことです。
腰紐の質が良いと、きつく結ばなくても振袖の袖を十分に支えてくれます。
そのため、身体を締め付けないため、苦しくなりにくい特徴があるのです。

質の良い腰紐には、幅が広いものや芯の入っているもの、絹の素材100パーセントで作られているものが挙げられます。
振袖で苦しくなりたくない方は、これらのような特徴のある腰紐を選ぶと良いでしょう。

2つ目のポイントは、結び目が重ならないようにすることです。
結び目が重なってしまうことで、圧迫感が増すだけではなく、着心地も良くありません。
紐や帯を結ぶ時は、振袖の着崩れが起きないように強く引っ張ることがあるため、大きく息を吸ってから締めてもらうことをおすすめします。

また、着付けの際は正しい姿勢でいることも重要です。
姿勢が悪い状態で着付けをすると、身体に負担がかかってしまうため、背筋を伸ばした状態で着付けをしましょう。

□着付けの際に必要な物とは?

着付けには、振袖以外にも必要となるものがたくさんあります。
忘れ物をしないためにも、着付けで必要とされるものはしっかりチェックしておきましょう。

まず必要となるのは、着物類です。
例えば、帯や帯締め、帯揚げや伊達衿が挙げられます。
これらは、振袖を着る際に欠かせないものであるため、必ず確認しておく必要があります。

次に、小物類も必要となります。
小物類には、鞄や髪飾り、草履や腰紐などがあります。
これらは細々としているため忘れてしまいがちですが、どれも振袖には必要なものなのであらかじめ準備をしておくことが大切です。

□まとめ

今回は、振袖を着付ける際に押さえておきたいポイントをご紹介しました。
成人式を楽しく過ごすためにも、振袖の着付けの際には今回紹介したポイントを押さえておきましょう。
岡山周辺で振袖レンタルをお考えの方は、ぜひ当社までお問合せください。
一覧ページへ戻る