振袖にはこだわりたい方へ!コーディネートにおいてのポイントをご紹介!

せっかく振袖を着るのであれば、自分らしくおしゃれにコーディネートしたいですよね。
振袖をおしゃれに着こなすためには、小物や帯選びにこだわることがポイントです。
そこで今回は、小物選びや雰囲気別の失敗しない帯選びのポイントをご紹介します。

□押さえておきたい小物選びのポイントをご紹介!

振袖にどんな小物を合わせるかによって、おしゃれに見えるかどうかが決まります。
ここでは、小物を選ぶ際に押さえておきたいポイントを2つご紹介します。

まず1つ目のポイントは、首元の半衿と重ね衿選びにこだわることです。
元々汗や汚れ防止に取り入れられた半衿と重ね衿ですが、今では振袖をおしゃれに着こなすための大切なアイテムとして人気があります。

デザインとしてあるのは、おしゃれに刺繍されているものやカラフルなものまで様々です。
半衿と重ね衿にこだわることで、コーディネートのアクセントとなり、首元を華やかに見せてくれるでしょう。

2つ目のポイントは、髪飾りにこだわることです。
振袖選びと同様に、ヘアセットは多くの方が悩む重要なポイントです。
そんなこだわりの部分だからこそ、ヘアセットの最後の仕上げとして、髪飾り選びはおしゃれに欠かせない大切なアイテムなのです。

振袖に合った素敵な髪飾りを選べば、振袖の豪華さに負けない華やかさを演出できます。
ぜひ、自分好みでおしゃれなアイテムを選んでみてください。

□失敗しないための帯選びのポイントとは?

帯は、コーディネート全体の雰囲気を決めるとても重要な部分です。
選ぶ色によって雰囲気が違ってくるため、自分が目指したい雰囲気に合ったものを選ぶことが肝心です。
ここでは、失敗しないための帯選びのポイントを雰囲気別にご紹介します。

*華やかさには金色の帯

より華やかな雰囲気を出したい方には、金色の帯がおすすめです。
振袖の多くには金色の入った柄があるため、比較的どの振袖を選んでも金色と合います。

*可愛らしさには振袖と同系色の帯

可愛らしく振袖を着こなしたい場合は、振袖と同系色の帯を選ぶと良いでしょう。
そうすることで、全体的にまとまりが出て柔らかい雰囲気となります。
振袖の色が濃い場合は、あえて淡い同系色の帯を選ぶことで全体のバランスが良くなるためおすすめです。

*個性を出したいなら補色の帯

人と違った個性的な雰囲気を目指すのなら、赤やオレンジ、水色や黄色といった補色の帯を取り入れましょう。
振袖の色と帯の色が互いに引き立て合い、おしゃれで個性的なコーディネートが可能です。

□まとめ

今回は、小物選びや雰囲気別の失敗しない帯選びのポイントをご紹介しました。
おしゃれにコーディネートするなら、振袖と合った色合いの小物や帯を選びましょう。
当社はお客様にとって最高の成人式になるようサポートしますので、岡山周辺で振袖レンタルをお考えの方はぜひご連絡ください。
一覧ページへ戻る