振袖をお考えの方へ!振袖に合う草履について解説します!

「振袖にあった草履を選びたい」
せっかく振袖を着る機会であれば、素敵な草履を履きたいですよね。
そこで今回は、振袖に合う草履について解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

□振袖に合う草履について

まず1つ目は、定番の草履です。
振袖に適した草履やカバンは、礼装用で使用できます。
成人式だけでなく、結婚式に出席する際などにも使えますよ。
高さは3.6センチメートルで、踵が3段です。
定番の草履は帯地やエナメルなどの素材で作られており、振袖に合わせやすいものが多いです。
色も豊富ですが、ご自身の選んだ振袖に合った色を選択することがポイントです。

2つ目は、厚底の草履です。
高さは6.2センチメートルから8センチメートルほどあります。
踵が3段以上の草履は、最近人気がある草履ですよ。
着物の裾が汚れづらいです。
また高さが5センチメートル以上あるものも、着物を華やかに着こなせることから人気があります。

3つ目は、金や銀の草履です。
金糸や銀糸で作られた草履です。
格を感じられる草履で、礼装としても着用されます。
振袖に合わせるには少し地味かもしれませんが、公式の場でも使用できる草履です。

□振袖に合わせる草履を選ぶ際の注意点について

1点目は、花緒が痛くないものを選ぶようにしましょう。
現在は草履を履く機会は少なく、履きなれている方はあまりいらっしゃらないと思います。
そのため、長時間草履を履くと痛くなってしまうことがあります。
コットンが多く使用されたものや、太さが2セントメートル以上のものを選ぶと痛くなりにくいですよ。

2点目は、サイズに気を付けましょう。
普段はいている靴はセンチメートルで表記されていますが、草履の場合は七寸五分のように表記されます。
分からない場合には、お店の方に相談するようにしましょう。

3点目は、試着をしてから決めましょう。
先ほど述べたように草履の表記は普段はいている靴と異なるため、サイズが合わなかったと後悔しやすいです。
必ず事前に試着をしてみて草履を選ぶようにしてくださいね。

4点目は、防寒対策をしましょう。
草履を履く際には普段よりも露出しており、冬場は冷えてしまいます。
そのため、足元を守れるようなストールを持っておくことをおすすめします。

□まとめ

今回は、振袖に合う草履について解説しました。
注意点に気を付けながら草履を選んでくださいね。
ぜひこの情報を活かして、振袖にぴったりな草履を探してみましょう。
ご不明点がありましたら、いつでも当社へご連絡してください。
一覧ページへ戻る