振袖にブーツを合わせるメリットについて解説します!

「振袖を着るときに何を合わせたらいいか分からない」
もうすぐ成人式を迎えられる方は、このように悩まれますよね。
せっかくの成人式ですから、素敵に振袖を着こなしたいです。
そこで今回は、振袖にブーツを合わせるメリットについて解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

□振袖にブーツを合わせるメリットについて

1つ目は、足元を防寒できます。
合皮や本革を使用したブーツは、防寒性が高いです。
成人式や卒業式は寒い時期に行われることが多いですよね。
そこでブーツをはくことで、足を寒さから守れます。
特に、ロングブーツは防寒性が高いです。

2つ目は、身長が高くなることでスタイル良く見せられます。
ブーツはヒールがついていることが多く、草履を履いた時よりも身長が高くなります。
身長が低くて振袖を着こなせるか不安だという場合でも、ブーツをはくことでより綺麗に見せられます。
また、身長が高く見えるだけでなく全体のバランスも良くなります。

3つ目は、個性的なコーデになります。
伝統的な振袖には草履というイメージはありませんか。
しかし中には周りと同じは嫌だという人もいますよね。
そこでブーツを選ぶと個性を引き出すことができます。
ブーツにも、レースアップブーツなど様々な種類のものがあるため振袖を個性的に着こなせます。

□振袖に合うブーツの選び方について

1つ目は、脱ぎ履きしやすいかどうかです。
ブーツを脱ぎ履きする際にしゃがむと振袖が着崩れてしまうことがあります。
さらに、袖を汚したり生地を傷めてしまったりすることもあります。
それを防ぐために、サイドゴアブーツであればゴムでできているため簡単に脱ぎ履き出来ます。
ただし、ゴムの部分が見えないように気を付けてくださいね。

2つ目は、ブーツの丈についてです。
3センチから5センチのものであると、丈が短く脚が見えてしまうこともあります。
そこで、10センチほど高さのあるミディアム丈の物を履くと安心です。

3つ目は、ブーツのデザインについてです。
ご自身の振袖に合う落ち着いたデザインのものを選ぶようにしましょう。
ブラウンやブラックなど落ち着いた色の物は人気です。
例えば、ブラウンやブラックのブーツは色彩豊かな振袖とぴったりです。
また、ワイン色やライトブラウンの物はモノトーンな振袖を着る際にお勧めです。
ヒールの高さは、裾を踏まないように5センチ程度あることが好ましいです。

□まとめ

今回は、振袖にブーツを合わせるメリットについて解説しました。
振袖には草履だけでなく、ブーツを合わせてみても素敵です。
ぜひこの情報を活かして、振袖にあった履物を選んでみてください。
ご不明点がありましたら、いつでも当社へご連絡してください。
一覧ページへ戻る