成人式で振袖を着る方必見!振袖の選び方について解説します!

「振袖の選び方が分からない」
岡山周辺でこのようにお悩みの方も多くいらっしゃるでしょう。
振袖の選び方を工夫することで、ご自身に合った振袖を見つけられます。
そこで今回は、振袖の選び方と身長別に振袖を選ぶポイントについて解説します。

□振袖の選び方について

1つ目は、身長と体型に合った柄や色を選ぶことです。
同じ振袖を着ても、身長や体型によって見え方が大きく変わります。
柄の大きさや色を上手く組み合わせることで、体型をすっきり見せられるでしょう。
そのため、好みや流行で判断するのではなく、身長や体格に合った振袖を選ぶことをおすすめします。

2つ目は、肌色に合った振袖を選ぶことです。
実は、肌色によって似合う振袖の色が異なります。
日本人は、肌の色や性質によってイエローベースとブルーベースの2種類に分けられます。
そのため、ご自身の肌色を考慮して振袖の色を選ぶと良いでしょう。

3つ目は、理想とするイメージやこだわりを明確にしておくことです。
振袖を選ぶ前には、画像やカタログを参考にして、理想の姿をイメージすることが重要です。
自分が理想とするイメージやこだわりを明確にしておくことで、デザインが絞りやすくなるでしょう。

4つ目は、第三者の意見を聞くことです。
振袖選びにおいて、自分や家族以外の第三者の意見を聞くことも大切です。
特に、担当者や着付け師は振袖に関する豊富な知識を持っています。
そのため、振袖選びで迷った場合には、振袖に関する豊富な知識を持った第三者の意見を聞いてみると良いでしょう。

□身長別に振袖を選ぶポイントについて

*身長が高い方

身長が高い方が振袖を着ると、振袖の面積が縦に広くなります。
そのため、柄が一部に集まっていると、控えめな印象となってしまいます。
大きめの柄や華やかさを演出できる柄の振袖を選ぶことで、豪華な雰囲気を出せます。
また、鮮やかな色や濃い色の振袖も非常に似合うため非常におすすめです。

*身長が低い方

身長が低い方は、可愛らしさを意識することが大切です。
小さい柄や余白のある大柄を選ぶことで、華やかさを演出できます。
また、淡い色の振袖を着ることで、優しく可愛らしい雰囲気を出せます。
暗めの色や主張の強い大きめの柄は、全身のバランスが悪くなる可能性が高いため注意しましょう。

□まとめ

今回は、振袖の選び方と身長別に振袖を選ぶポイントについて解説しました。
今回の記事を参考に、ご自身に合った振袖を選んで頂ければ幸いです。
振袖の購入やレンタルでご不明点がある場合には、当社までお気軽にご相談ください。
一覧ページへ戻る