着物を着る際にアクセサリーはつけても良い?詳しく解説します!

岡山周辺で「着物を着る際にアクセサリーはつけても良いのだろうか」このようなお悩みをお待ちの方は多いと思います。
着物を着る際のマナーが気になる方も多いですよね。
そこで今回は、着物を着るときのマナーや着物に適したアクセサリーはどのようなものなのかについて詳しく説明します。

□着物を着るときのマナーについて

現代では、着物は特別な時に着るものですよね。
そんな中で、着物に身に付けるアクセサリーに関するマナーも変化しています。

「アクセサリーはつけてはいけないのでは」とお考えの方も多いと思いますが、近年では着物にイヤリングやピアスなどのアクセサリーを合わせて、楽しんでいる方もいらっしゃいます。
「着る機会が少ない分、おしゃれにしたい」と思っている方も多いですよね。

ただ、フォーマルな場では、マナーとしてアクセサリーは付けない方が良いとお考えの方も多くいらっしゃるので、そこは頭に入れておいた方が良いかもしれませんね。

□着物に適したアクセサリーについてご紹介!

ここでは、着物にアクセサリーはつけても良いのか、または、良いのであればどのようなものが良いのかについてをアクセサリー別に5つ紹介します。

1つ目は、指輪についてです。

正式な場面で着物を着るときには、結婚指環などは認められます。
ただし、できるだけ平たいシンプルなデザインものの方が良いです。

2つ目は、ネックレスについてです。

着物を着る時はネックレスを付けないことがマナーになっています。
その理由は、着物には半衿などが胸元にあるのでそれだけでおしゃれに見えるからです。
ネックレスをつけてしまうとごちゃごちゃした印象になってしまいます。

3つ目は、腕時計についてです。

着物だけでなく、正式な場面では腕時計は付けない方が良いでしょう。
腕時計をつけると、時間を気にしているかのような印象を与えてしまうかもしれません。
また、腕時計をつけない方が手首が綺麗に見えるため、なるべく付けないことがおすすめです。

4つ目は、ネイルについてです。

ネイルは、正式な場では相応しくないとされています。
ただし、爪の状態が悪いときは淡い色のネイルをすると良いでしょう。

5つ目は、ピアス・イヤリングについてです。

ピアス・イヤリングは一般的に正式な場面ではマナー違反とされています。
これらをつけることは、絶対にだめという訳ではありませんが、ご年配の方などから良い印象を受けないかもしれません。

□まとめ

この記事では着物を着る際のアクセサリーについて紹介しました。
着物を着る際のマナーについて分かって頂けたかと思います。
ご不明な点がございましたら当社までご連絡お待ちしてます。
一覧ページへ戻る