振袖に合う髪飾りの選び方や髪飾りの種類をご紹介!

岡山周辺で「振袖にはどんな髪飾りが合うかな」このようなお悩みをお持ちの方は多いと思います。
一生に一度の成人式、自分に似合う素敵な髪飾りをつけたいですよね。
そこで今回は、振袖に合う髪飾りと髪飾りの種類について紹介します。

□振袖に合う髪飾りの選び方についてご紹介!

ここでは振袖に合う髪飾りの選ぶ上で大切にしたいポイントを3つ紹介します。

まず1つ目は、髪飾りのサイズについてです。

振袖は目立つデザインが多いため、大きすぎる髪飾りはあまり好ましくありません。
髪飾りまで大きなものを選んでしまうと、品のない印象に見えてしまう場合があります。
振袖のイメージに合ったサイズを選ぶのがポイントです。

2つ目は、カラーについてです。

カラーを選ぶ際は振袖のカラーと同じ色味の髪飾りを選ぶと、まとまりがでておすすめです。
複数のカラーを取り入れたい場合には、白を入れると上品な印象になりますよ。

3つ目は、振袖の柄や雰囲気についてです。

振袖を着る際に、和風な髪飾りではなく洋風な髪飾りを使いたいという方はいらっしゃいませんか。
そんな方は洋風な髪飾りを使うのも、もちろん可能です。

ただし、和風、洋風どちらの髪飾りであっても、振袖の柄によって控えめなものにするか華やかなものにするか考えるようにしましょう。
雑誌などで、雰囲気をみてみるのもおすすめです。

□髪飾りの種類についてご紹介!

ここでは、髪飾りの種類について紹介します。

髪飾りには和風から洋風なものまでたくさんの種類があります。

具体的には、つまみ細工、ピンポンマム、綸子(りんず)、百合、コサージュ風髪飾り、生花、玉飾り、水引き、リボン、帽子などがあります。

つまみ細工は江戸時代から伝わる伝統工芸で、古典柄振袖に合わせる定番の和飾りです。

個性をだしたい方向けの髪飾りでは、リボンや帽子を使うと良いです。
洋風な髪飾りを使う場合は、レースの手袋や帯、ブーツなど小物にまで気を使うようにしてみてくださいね。

こんなに種類があると悩みますが、髪飾りは、印象を大きく変えられる重要な役割を果たしてくれます。
振袖に何が合うかを考えた上で自分の好きな髪飾りを選んでみると良いでしょう。

□まとめ

今回は振袖に合う髪飾りの選び方と種類について紹介しました。
振袖は着る機会が少ないため、髪飾り選びもとてもわくわくしますよね。

振袖や髪飾りのことでお悩みがある方はぜひ当社までご相談ください。
担当者が丁寧にサポート致します。 
一覧ページへ戻る