着物メイクで押さえるべきポイントや注意点を紹介します!

岡山周辺で「着物メイクはどのようにしたら良いのかな」このようなお悩みをお持ちの方は多いと思います。
せっかく着物を着るなら、メイクも着物にあったものにしたいですよね。
そこで今回は着物メイクで押さえるべきポイントと注意点について紹介します。

□着物メイクで押さえるべき3つのポイントをご紹介!

1つ目は、お肌のベースをしっかりとすることです。
透明感を意識すると良いでしょう。
着物メイクをする上で下地作りはとても重要なポイントとなるため力をいれてみてくださいね。

2つ目は、眉はくっきり、はっきりを目指すことです。
普段のメイクのような立体的なメイクは、着物といまいちマッチしない印象になりがちです。

3つ目は、アイメイクと口紅をワンポイントで使うことです。

着物美人を目指すためには、アイメイクは強調しすぎないようにしましょう。
強調したい場合は、着物で使っている色味をアイシャドウに使うことで引き締め効果があります。
また、口紅は色味を明るめにするとはっきりとした印象になりますよ。

□着物メイクのコツと注意点をご紹介!

年齢によって着物の柄も違い、似合うメイクなども変わってきます。

10代では、薄めにベースメイクを仕上げるのがコツです。
アイシャドウの色は控えめにアイライナーで切れ長の目を目指しましょう。
目元が濃いアイメイクは着物には不似合いとなってしまいますので、注意してくださいね。

20代では、大人っぽさをだすために、アイラインをよりしっかり書くのがおすすめです。
また、シミやくすみなどが気になる方も増えてきますので、コンシーラーでのカバーを忘れないようにしてみてください。

30代では、エレガントな雰囲気のメイクがポイントです。
肌トラブルが増えてくる年代ですが、うまくコンシーラーを使いましょう。
また、まつげの目尻に多めにマスカラを塗ると大人っぽい印象になります。

40代では着物なども落ち着いたイメージのものを選ぶようになります。
肌トラブルもあるかと思いますが、ナチュラルを意識してカバーするようにしましょう。
また、リップやチークは控えめの赤やローズ系の色がおすすめです。

50代ではシックな色合いの着物を着る方がほとんどです。
ただ、メイクまで落ち着いた色にすると老けた印象になるので注意が必要です。
年齢にあったメイクを心がけましょう。

□まとめ

この記事では着物メイクについて紹介しました。
ここで紹介したコツを参考に、着物に合うメイクをしてみてください。
少しでもお役に立てると幸いです。
一覧ページへ戻る