着物の染み抜きの方法とは?ついた汚れの種類別に対処方法をご紹介!

成人式などの行事のために着物を買う人は多いでしょう。
「着物を買ったのはいいけれど手入れが大変そう」「着物に染みがついてしまった際の対処方法を知りたい」という方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、着物の染み抜きについて、岡山の呉服店が解説します。

□ついたばかりの染みの対処法やセルフ染み抜きで準備すべきものとは

まずは、ついたばかりの染みの対処法です。
基本的に、油性の汚れ以外は濡らしたハンカチやティッシュで対応できます。
油性の汚れというのは、化粧品やインク、クレヨンなどの汚れです。

それ以外は、ハンカチなどで汚れを吸い取るように軽く押さえると取れます。
このとき、強くこすってはいけません。
布やティッシュの水分によって表面の汚れが移るのを待つ程度にしましょう。
ウェットティッシュのような、もとから濡れているものでしたら、水がないときでも即座に対応できるでしょう。

次にセルフ染み抜きで準備すべきものを紹介します。
自宅で染み抜きをする場合、薬剤や洗剤、タオル、ドライヤー、ガーゼ、霧吹きを用意しましょう。

どのような処理をしても、染み抜き後に着物が濡れたままで放置をするのは良くないでしょう。
処理をした後は、ドライヤーの冷風を当てて乾かしたり、風通しの良い日陰に置いたりしましょう。
注意点として、ドライヤーは、温風だと生地の縮みの原因になることがあります。

セルフ染み抜きの方法については、次の章で紹介します。

□セルフ染み抜きの方法とは

セルフ染み抜きの方法を汚れの種類別にいくつか紹介します。

1つ目は、コーヒー、紅茶の染みです。

これらの汚れは、ベンジンを脱脂綿に染みこませ、染みの部分を軽く叩いて落とします。
脱脂綿は汚れたら何度も取り換え、繰り返し落としておきましょう。
ベンジンは、人体に有害で引火性があるので取扱いに気をつけることが大切です。
ベンジンで油性の汚れを落としたら、水で薄めた中性洗剤をつけて歯ブラシなどで軽く叩きましょう。

2つ目は、汗の染みです。
これは、まず霧吹きなどで汗の染みの部分を湿らせましょう。
次にタオルで、押さえて水分を取り、風通しの良いところで乾かしましょう。

3つ目は、泥はねの染みです。
泥を乾かしてから、柔らかな布で吹き、手で軽くもみましょう。
綺麗に落ちるはずです。

□まとめ

今回は、着物の染み抜きについて紹介しました。
着物は高価な衣類です。
取扱いや染みの対処はしっかり行いましょう。

当社は着物のクリーニングも行っています。
自力で取れない汚れがある場合は、ぜひ当社にご相談ください。
一覧ページへ戻る