振袖と着物の違いは?なぜ成人式には振袖なのかもご紹介します!

成人式を予定されている方で振袖と着物の違いがわからないという方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、振袖と着物の違いと、なぜ成人式には振袖なのかを解説します。
ぜひお役立てください。

□振袖と着物の違いとは?

振袖と着物の違いについて解説する前に、まず知っていただきたいのが、振袖は着物の中の1種類であることです。
着物にはたくさんの種類があり、他の着物と比べると少し違った形をしているので別物だと感じてしまう方もいらっしゃいます。
着物との違いは、袖が長く、華やかな印象がある点です。

では、振袖はどのようなシーンで着るのでしょうか。
振袖は、成人式や、家族や友人の結婚式に出席する時に着る方が多いです。
初詣で振袖を着る方もいらっしゃいます。
振袖は他の洋服よりも華やかさや特別感があって魅力的ですよね。

振袖を選ぶ時にポイントになるのが、振袖の柄や色ですよね。
振袖にはたくさんの色があり、花や蝶があしらわれた古典柄や、幾何学模様を取り入れたモダン柄などがあります。
成人式などの場では古典的な柄を選ぶ方が比較的多いように感じます。
自分の好みやシーンに合わせて選んでみると楽しいでしょう。

□成人式に振袖を着る理由を詳しく解説!

先程、振袖は成人式や結婚式に出席する時に着ることが多いと説明しましたが、なぜ成人式には振袖と決まっているのでしょうか。
それは、振袖が「未婚女性の第一礼装」だとされているからです。
日本では古くから成人を祝う儀式がありましたが、その通過儀礼と同じく、現在でも振袖で成人式を行うことで成人の自覚を持たせるという風習が続いています。
晴れ着である振袖を着ることで、周囲への成長と感謝を伝えるという意味もあります。

成人式の歴史を知ることでより特別な行事に感じてきた方も多いのではないでしょうか。
一生に一度の成人式ですから、時間に余裕を持ってご自身が一番気に入ったものを選んでください。
他の子と被りたくないという方は少し珍しい色味を選ぶと、特別感のある美しい振袖姿になるでしょう。
振袖を選ぶ時期によって選べる柄が変わってくる可能性もあるので、ぜひお早めに振袖選びを始めてみてください。

□まとめ

今回は、成人式で振袖を着る理由を紹介しました。
振袖は未婚女性の第一礼装なので成人式にふさわしいです。
皆さんも素敵な振袖で一生に一度の成人式を迎えてみませんか。

振袖で迷っている方はぜひ当社までご連絡ください。
あなたにぴったりの振袖をお選びします。
一覧ページへ戻る