振袖は寒い?成人式におすすめの防寒をご紹介します!

「成人式当日はどの程度寒いのかわからない」
「何を着れば良いのかわからない」

このように思っている方は多いのではないでしょうか。
ここでは、成人式での防寒対策について紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

□振袖におすすめの防寒対策とは?

成人式当日に一番おすすめなのが、ファーのショールです。
成人式ではほとんどの方がこれをつけていますよね。
大きめのサイズがおすすめで、「白」が定番です。
黒やグレーのファーもおしゃれですが、特別感のある成人式では白を選ぶ方が多いです。

成人式の後に初詣などで使うことを考えるなら、白以外を選んでも良いですね。
振袖のデザインに合わせて選ぶと、おしゃれでかっこいい振袖姿になるでしょう。
ファーは意外と暖かいので、しっかりと防寒対策になります。

また、どうしてもコートを着たいという方にはケープタイプのコートをおすすめします。
着物用のコートもありますが、成人式には地味に感じてしまうかもしれません。
ケープタイプで襟元にファーがついたものなら華やかな印象になりますよね。

その他の防寒対策には、膝上丈のレギンスを履くことが挙げられます。
上半身は帯やタオルで寒さをあまり感じませんが、下半身は肌寒いと感じるかもしれません。
着込みすぎると後悔するので、ご自身が冷えやすいポイントを考えて対策をしてください。

□振袖は意外と寒くない?

ここまでで振袖を着る時の防寒対策を紹介しましたが、実は成人式当日は意外と寒くないと言われています。
もちろん地域によって気温はさまざまですが、会場によっては暖房がしっかり効いているでしょう。
あらかじめ式典会場がどのような会場なのかを確認しておくと安心ですね。

また、振袖は重ね着をするので、そこまで寒さを心配する必要はありません。
下着の上にタイルを挟み、肌襦袢、長襦袢、振袖、さらに帯を締めるので、意外と保温性があります。
寒さを心配して「ヒートテック」のようなインナーを何枚も着ていると、もし気分が悪くなった時に脱げないので、できるだけ着込まないようにしましょう。
式場の外で長時間友人と話すなどの時に備えて、ショールを持っていく程度で十分です。

□まとめ

この記事では、成人式当日の防寒対策について紹介しました。
ファーのショールはおしゃれで特におすすめです。
振袖自体はそこまで寒くないので着込みすぎには注意しましょう。
振袖に関してお悩みのことがありましたらお気軽にご相談ください。
一覧ページへ戻る