振袖レンタルをお考えの方へ!振袖の準備はいつから始めればよいかご存知ですか?

成人式にはやはり華やかな振袖を着たいですし、親御さんも娘さんの晴れ姿を見たいですよね。
しかしそのためには、念入りな準備が欠かせません。
どれくらい前から準備すれば良いのか、何を準備すれば良いのか、少しでも不安をお持ちの方はぜひこの記事を参考になさってください。

□準備はいつから始めるのか

振袖レンタルの予約は、成人式のちょうど1年もしくは2年前の1月に行う人が多いです。
つまりそれより前にはどのような振袖が良いのか、予算はどのくらいかなど、計画を立てておく必要があります。
そのため、準備を始めるのは式の2年もしくは3年前と言えるでしょう。

なぜ振袖の予約を1月に行うかというと、1月にはその年の成人式を終えた振袖が戻ってくるため、1年の中でもっとも選択肢が広がるからです。
毎年新作の振袖が入荷されることが多いですが、その時期は決まっていないため1月に選ぶのが無難と言って構いません。

さすがに2年前は早すぎるとお思いの方も、ぜひ一度下見として店舗に足を運んでみてはいかがでしょうか。
振袖はほとんどが一点物のため、もし気に入ったものが見つかっても次訪れた時にはないということが十分にあり得ます。
ただしそれ以降にもっと良いものが見つかる可能性も否定できないので、慎重に、かつ決断力を持って選ぶことが大切です。

□準備から当日までの流れとは

式の2年から3年前には、情報収集を始めましょう。
いろいろなお店から送られてくるパンフレットや、インターネットの情報を活用するのがおすすめです。

2年前から遅くとも1年前までに振袖を決定しておけば問題ありません。
実際に袖を通して、採寸や小物類の決定、当日の予約までを済ませます。
なかなか時間のかかる作業ではありますが、すべては当日のためです。

式の数ヶ月前になると、ほとんどの方が前撮りを行います。
前撮りの着付けやヘアメイク、振袖代などが含まれているか否かは非常に重要な点なので、予約の際には必ず確認しましょう。

式の前日は、当日慌てることのないように持ち物や服装を準備しておくことが大切です。
あとは、肌の調子を崩さないようにしっかりと睡眠をとってください。
当日の朝は早いですが、みなさんの晴れ姿のためと思ってがんばりましょう。

□まとめ

成人式の振袖選びとそのスケジュールをご紹介しました。
準備を始める時期の早さに驚いた方もいるかもしれませんが、手遅れにならないためにはやはりこれくらい余裕を持った準備が必要です。
一生に一度の晴れ舞台のために、しっかり計画を立てましょう。
岡山で振袖をお探しの方はぜひ当店にご相談ください。
一覧ページへ戻る