成人式に着る振袖にお悩みですか?おすすめの色をご紹介します!

成人式では振袖を着る女性が多いですが、その色や模様はなかなか決められないのではないでしょうか。
一生に一度の成人式ですから、当日も何年後も後悔しない衣装選びをしたいですね。
そこでこの記事では、成人式の振袖で人気の色と柄、そしてオリジナリティを出すための工夫をご紹介します。

□人気の5色について

成人式の振袖で人気の色は赤、青、紫、白、黒の5色です。
この中でも赤は定番中の定番というほど人気の色で、華やかなだけでなく厄除けという意味も込められています。
また同じ赤でも、えんじ色のような深い赤からピンクがかった赤までさまざまです。
ぜひご自身の好みや肌の色に合わせた色を見つけてください。

青は赤に比べると非常に爽やかで落ち着いた印象を与えます。
青にも黒みがかった濃い青から水色のような青があり、バリエーションが豊かです。

少し個性を出したいという方におすすめなのが紫です。
紫は白い肌を一層際立たせる効果があり、上手く着こなすと印象的な姿になるでしょう。
「特に紫色が好きなわけではない」という方も、一度試着してみると気に入るかもしれません。

白や黒は一見すると落ち着いた色に感じますが、帯や柄を工夫することで他とは違った、個性のある振袖になります。
白には赤い梅、黒にはカラフルな花車などの柄がよく映えるでしょう。

□振袖の色以外で個性を出すには

もっとも簡単な方法は、振袖の柄にこだわることです。
振袖の色の種類は限られますが、柄との組み合わせを考えるとその種類は無限大にあります。
定番の花以外にも、幾何学模様やポップなデザインなど、あまり被らないデザインを選んでみても良いですね。
色と柄の組み合わせはイメージしただけでは捉えきれないものがあると思うので、ぜひ実物をご覧になると良いでしょう。

振袖以外で個性をアピールするには、ヘアスタイルやメイク、小物のアレンジがおすすめです。
落ち着いた色の振袖には落ち着いた髪色とシンプルなメイク、反対に華やかな振袖には明るい髪色などを選ぶことで、統一感を保ちながらも個性を出せるでしょう。
小物を選ぶ際は、振袖の色の補色になるものを選ぶのがポイントです。
例えば赤の振袖に緑の小物を添えるだけで、随分と印象は変わります。

□まとめ

振袖の色と個性の出し方についてご紹介しました。
数百人が集まる式会場では、ある程度振袖のイメージが被ってしまうのは仕方がないことかもしれません。
それよりも、まずは成人される方が納得できる衣装選びをすることが大切ではないでしょうか。
岡山で振袖をお探しの方は、ぜひ当店にご相談ください。
一覧ページへ戻る