岡山にお住まいの方に向けて袴レンタルでのメイクのポイントを紹介!

岡山で袴レンタルをお考えの皆さん、袴スタイルにはどんなメイクが合うかご存じですか。
普段着と比べて華やかで特別感のある袴には、ナチュラルメイクよりも少し派手なメイクがおすすめです。
では具体的にどのような点に気を付けると良いのでしょうか。
この記事では、袴に映えるメイクのポイントを解説します。

□袴スタイルに合わせるメイクのポイントを紹介

ここでは、袴を着る時のメイクについて知っておくと良いポイントを3つご紹介します。

*いつもより鮮やかに仕上げる

華やかな袴を着る際は普段のメイクよりも鮮やかにすることを意識すると良いでしょう。
ただ、全てを変える必要はありません。
アイシャドウとチーク、リップの3箇所に絞って色を入れましょう。
また、特別感が出るゴールドをアイラインに取り入れるのもおすすめです。

*袴のイメージに合わせる

メインの袴を軸にメイクや小物を選ぶと全体に統一感が出ます。
着物や袴に使われている色の中からアクセントになる色を選び、その色をメイクでも取り入れると良いでしょう。
例えば着物に使われている赤色をアクセントカラーに選んだ場合、アイシャドウやチーク、リップには比較的濃い赤色を使用します。

*カラーメイクを取り入れる

普段のメイクで派手な色を使うことは少ないかと思いますが、袴を着る時は思い切ってカラーメイクに挑戦することをおすすめします。
特にアイラインには取り入れやすい上、目元の印象が明るくなる効果があります。
また、ふとした瞬間にアクセントカラーが見えると、華やかなイメージを与えられるでしょう。

□袴のイメージごとにおすすめのメイクを解説!

袴と一口に言ってもデザインはさまざまですよね。
そこで、3つの袴のイメージに合ったメイクをここではご紹介します。

まずは、アンティークレトロなイメージに合うメイクについてです。
白が基調のシックな雰囲気にはピンクをメインにしたメイクが似合います。
また、リップとチークには少し濃い色を入れると良いでしょう。

次に、大正ロマンのイメージに合うメイクです。
和風と洋風のどちらの雰囲気も感じられる柄には、オレンジや赤などの濃い色のメイクが似合います。
この際、アイメイクよりも口元に色を入れると良いでしょう。

最後は、シンプルな古典柄に合わせるメイクです。
落ち着いた雰囲気であるため、ピンクを基調としたメイクがおすすめです。
また、マスカラを薄めにして、アイラインを少し濃くすると清潔感がある大人な印象を与えられるでしょう。

□まとめ

袴に似合うメイクのポイントをご紹介しました。
袴の雰囲気に合わせながら、普段あまり使わない色も取り入れてみてはいかがでしょうか。
特別なメイクで素敵な卒業式をお過ごしください。
一覧ページへ戻る