振袖レンタルでの小物の選び方について解説します!岡山にお住まいの方へ

岡山で振袖レンタルをお考えの皆さん、振袖に合わせる小物にはどんなものがあるかご存じですか。
普段は身に付けないアイテムが多いため、もしかするとイメージしづらいかもしれません。
人生に一度の特別な機会には小物までこだわりましょう。
この記事では、振袖を着る際に身に付ける小物選びのポイントをご紹介します。

□振袖に合わせる小物選びのコツを紹介

振袖には主に3つの小物を合わせることになります。
それは、重ね衿と帯揚げ、帯締めです。
全体に統一感を出すために、3点の小物のうち2点以上の色味をそろえることをおすすめします。
それぞれを詳しく見ていきましょう。

まずは、重ね衿についてです。
重ね衿は名前の通り、重ね着しているように見せる部分的な衿のことです。
振袖の柄に含まれる色と同じ重ね衿を選ぶと全体的な統一感が出ます。

重ね衿の中にもさまざまなタイプがあるので、お好みのものを選びましょう。
例えば、赤など一色を差し色として選んだり、二色で華やかにしたり、フリルやラインストーンなどの装飾付きのものを検討したりしても良いかもしれません。

次に、帯揚げについてです。
これは、帯の上部を飾る布を指します。
振袖では、帯揚げを出す面積を広くして存在感を持たせる着付けが主流でしょう。
また、より華やかな雰囲気にするためには帯揚げで花の形を作る方法もあります。

最後に、帯締めについてです。
これは帯の中央で結ぶ紐のことで、結び方次第で多様なアレンジができるでしょう。
帯締めにおいても、単色のものと複数の色が使われているタイプがあります。

□草履とバッグの選び方とは?

上述の3点以外に、草履とバッグも決める必要があります。
その際に気を付ける3つのポイントを見ていきましょう。

*振袖と帯に合わせる

草履やバッグは、全体としてのバランスを考えて選ぶことをおすすめします。
特に、帯の色に合わせると統一感を演出しやすいでしょう。

*セットになったものを選ぶ

全体のバランスを取るためには、草履とバッグがセットになったものもおすすめです。
この方法だと、ご自身で選ぶのが難しいと感じている方でも安心ですよね。
同じ雰囲気の柄であるため、一気に統一感が出るでしょう。

*履きやすい草履を選ぶ

草履は履き慣れていない方がほとんどではないでしょうか。
デザインが良くても、当日に足を痛めてしまえば元も子もありません。
特に注意する点は鼻緒です。
履き慣れていない方は、硬いエナメル製よりも太くて柔らかい布製の鼻緒を選ぶと良いでしょう。

□まとめ

振袖を着る際に身に付ける小物についてご紹介しました。
小物を選ぶ際は、メインの振袖とバランスを取ることが重要です。
振袖だけでなく小物のデザインも豊富にあるため、迷ってしまうかもしれません。
気になる点がございましたらお気軽に当社までご相談ください。
一覧ページへ戻る