岡山県で袴レンタルをお考えの方へ!袴に合うバッグを紹介します

来年の春に卒業式を控えた方で、卒業式に着る袴選びに悩まれている方は多いのではないでしょうか。
袴だけでなく履物やバッグなどの小物も重要です。
様々な種類があって迷ってしまいますが、それも楽しみの1つですよね。
この記事では、岡山で袴レンタルをお考えの方へ向けて、袴を着るときに持つバッグをご紹介します。

□袴に合わせるバッグをご紹介!

袴に合わせるバッグは、普段使っているバッグとは異なりますよね。
ここでは大きく分けて2種類のバッグをご紹介します。
まずは、和装用のバッグです。
振袖用の着物バッグや巾着などが挙げられます。
成人式の際に使った着物バッグを使うのも良いでしょう。
袴の色柄に合ったものだと、全体の統一感が演出できるのではないでしょうか。
2種類目は、洋装に合わせるバッグです。
和装である袴には、洋風なものは似合わないのではないかと思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、チェーンの持ち手やビーズが施されたものなどは袴ともよく合います。
和装のバッグより袴に合うものを見つけるのが難しい場合もあるかもしれません。
ポイントは、小ぶりのバッグを探すことです。
小さめのバッグは和装によく似合うでしょう。

□メインのバッグに荷物が入りきらない時はどうすべき?

メインで使うバッグは小ぶりのことが多いです。
しかし、卒業式では何かと荷物がかさばるということも多いのではないでしょうか。
そのため、サブバッグを用意しておくのがおすすめです。
メインのバッグには、すぐに取り出せると便利なスマホやメイク道具、財布などを入れると良いでしょう。
必要最小限にしておくと、おしゃれなバッグから入りきらない荷物が見えてしまうといった事態を避けられます。
また、財布は長財布のタイプだと入らない場合も考えられます。
そのため、その日だけ小さめの財布にお金を入れ替えておくことをおすすめします。
サブバッグには、卒業証書やカメラ、卒業式で受け取る記念品などを入れることを見越して、大きめのものを用意しておくと便利でしょう。
サブバッグとして使うバッグは、メインのものほど袴とのバランスを考えなくても構いません。
パーティー用のサブバッグを購入すると、結婚式などで後々使えるため便利かもしれませんね。
しかし、丈夫であれば紙袋を使っても問題ないでしょう。

□まとめ

袴を着るときに持つバッグについて解説しました。
メインで持つバッグは小さめのことが多いため、サブバッグも用意しておくことをおすすめします。
また、それぞれのバッグの中身もご自身が使いやすいように工夫されると良いでしょう。
袴レンタルに関して、ご不明点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。
一覧ページへ戻る