岡山県の成人式で振袖をレンタルする方へ!レトロ柄について解説します!

成人式で振袖レンタルをする方の中でレトロ柄を検討している方はいらっしゃいませんか。
最近人気が出つつあるレトロ柄の振袖を着こなしたいという方はたくさんいらっしゃるでしょう。
今回はレトロ柄の特徴と、レトロ柄の振袖を着る場合のスタイリングやヘアメイクを紹介します。

□レトロ柄と古典柄と違いとは?

皆さんの中にはレトロ柄と古典柄の名前が似ていて混同しやすいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここではそれら2つの柄の違いを解説します。

まずは古典柄です。
中国から伝わった過去を持つ古典柄は、現在も昔からの伝統を尊重した格式のある柄です。
これらの模様には災厄を除けたり健康に過ごすことを祈念するという思いが込められているのをご存じでしょうか。
古典柄は大きく分けて吉祥文様と有職文様の2種類あります。
吉祥文様は松竹梅、鶴や亀が、有職文様は唐草文や花菱がそれぞれの代表的な柄です。

次はレトロ柄です。
レトロという言葉をこれまでに聞いたことがあるという方は多いかもしれません。
レトロとは日本画で言うところの懐古趣味で、伝統を尊重するといよりは古いものを味わう姿勢を意味します。
具体的な年代では大正末期から昭和の時期の雰囲気や風景といえばイメージしやすいのではないでしょうか。
にはやシックな配色、フラワープリントなどがレトロ柄の振袖の具体例であり、個性的な印象を与えるという特徴があります。

□レトロ柄ぴったりのメイクとスタイリングを紹介!

レトロ柄の和服の場合は古風な雰囲気と今っぽさを融合させておしゃれな雰囲気を表現するのがポイントです。
まずおすすめの柄は大正から昭和の時代に作られたアンティーク風のものです。
大正モダンや昭和モダンと呼ばれる模様にあえて柄が入った小物や帯を合わせれば、レトロな雰囲気に仕上げられるでしょう。

次にレトロ柄に似合う髪形とはどんなものかを解説します。
おすすめは柄に合わせた大正風の髪形です。
例えば髪にうねりをつけるフィンガーウェーブと、うねりのある髪で耳を隠すスタイルです。
振袖と合わせてレトロな髪飾りを使用するのもおすすめです。
これらのスタイリングによって古風で雅(みやび)な雰囲気を身にまとえるでしょう。

また、ネイルに関してはあまり気にする必要はありません。
柄や小物を利用したネイルでも、単色で無地のスタイルもレトロな振袖に似合います。
また、ネイルを施さずに綺麗に爪を整えるだけでも問題ないでしょう。

□まとめ

今回はレトロ柄と古典柄の違い、そしてレトロ柄に合うスタイルやヘアメイクについて紹介しました。
この記事がレトロ柄の振袖を検討している方のお役に立てば幸いです。
岡山で振袖レンタルに関してご相談のある方は、ぜひお気軽に当社へご相談ください。
一覧ページへ戻る