岡山県で成人式を向かえる方へ!振袖レンタルをいつすれば良いのか解説します!

成人式の振袖レンタルをご検討中の方に質問です。
振袖の予約はいつ頃をお考えですか。
近年はさまざまな理由で振袖を予約する時期が早期化しており、準備し始めるのが遅れると自分の理想通りに進まないかもしれません。
今回はおすすめの振袖の予約時期と早めに動くのがよい理由を解説します。

□振袖のレンタルはいつ予約すべきか

皆さんは振袖の予約のピークが大体いつぐらいかご存じですか。
予約のピークは基本的に成人式の1年前の1月頃です。
自分より上の世代が成人式に参加している様子をテレビや新聞でご覧になった方々が動き出すため、ピークがその時期になるのですね。
また、1月頃は成人式が終わりそれまで他の方に貸し出されていた振袖が一斉に返却される時期でもあります
1月後半にお店に行けば人気の柄や自分好みの模様の振袖を見つけられる可能性が高くなるかもしれません。

一方で、新しい振袖を一番に見たいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
新作の発表は店によって時期が異なっていますが、一般的には振袖貸し出しを行う多くの店では1月頃は返却によって店内にある振袖の数が増える新作発表は他の時期にずらすことがあります。
振袖は1つの種類につき1点しかない場合もあり、一期一会といっても過言ではありません。
できる限り多くの振袖を自分の目で見て好みの振袖と出会うために、新作のレンタルを検討している方も1月頃に近くのお店へ一度下調べに行ってみるのが良いかもしれません。

□振袖を早めに予約しなければいけない理由とは

皆さんは振袖の予約時期が年々早くなっているのをご存じですか。
昔に比べて着付師が減っているため、同じ時間帯に着付けを予約できる人数が少なくなっているとい傾向があります。
式当日の着付けやヘアメイクは振袖のレンタルや購入が確定したときに手配してもらえることになっていて、さらにその時間も早く予約した人から順番に選べるという仕組みです。
式当日のちょうどよい時間は早く埋まってしまうので、予約が遅れると早朝あるいは開式の間際にしか着付けを行えない場合もあります。
慣れていない振袖で長時間待機したり、大慌てで式の会場に向かったりといった事態を避けるためには振袖をできる限り早く予約し、当日は余裕を持って準備するのが良いでしょう。

着付けやヘアメイクを振袖のお店経由ではなく個人で取りおくという方も、大体2年前ぐらいから動き始めると良いでしょう。
近所の美容院も振袖レンタルを扱うお店と連携していることがあり、気づけば予約で埋まっているという場合もあるかもしれないので注意しましょう。

□まとめ

今回は振袖の予約時期と、早い時期から動くのがよい理由を解説しました。
好みの柄の振袖を見つけ、成人式当日にゆったり準備するためには早期の予約が大切なことをご理解いただけたでしょうか。
当社は振袖に関するお問い合わせを随時受け付けております。
岡山で振袖レンタルを検討している方はお気軽にご相談ください。
一覧ページへ戻る