岡山で成人式の振袖レンタルをお考えの方へ柄の種類を紹介します

成人式で着る振袖の柄についてお悩みの方はいらっしゃいませんか。
振袖には多くの柄があるため、どの柄を選べば良いのか迷ってしまう方も多いですよね。
そこで今回は、振袖に使われることが多い柄の種類についてご紹介します。
振袖選びの際には、本記事をぜひ参考にしてみてください。

振袖に使われる柄の種類について

振袖に使われる柄の種類について、意外と知らない方も多いと思います。
そこで、よく使われる柄の種類を3つご紹介します。

1つ目は、レトロ柄です。
近年人気が出ているため、候補に入っている方もいらっしゃるかもしれませんね。
レトロ柄は大きめの古典の柄が特徴で、モダンな色合いで仕上げられています。
古典柄の帯を選ぶとレトロになり、モダンな帯を選ぶとハイカラになるといったように、帯によって雰囲気がガラッと変わります。

2つ目は、モダン柄です。
モダン柄は名前の通り現代的で洋風な柄で、りぼんやちょうちょ、バラなど多くの選択肢があるため、おしゃれな雰囲気になるでしょう。
従来の着物のイメージを覆すような柄が特徴的です。

3つ目は、古典柄です。
古典柄は昔ながらの伝統的な柄で、振袖には吉祥文様と呼ばれる柄がよく使われます。
流行りに左右されないというメリットがあり、格式高い柄と言えるでしょう。
梅や七宝、扇などたくさんの柄からお好きなものを選べます。

古典柄の文様の意味とは

先ほどご紹介した古典柄にはとても多くの種類があり、それぞれ独自の意味を持ちます。
ここからは、古典柄の文様の意味を解説します。

*華やかな花柄の意味とは

定番の柄である花柄は、華やかな印象を与えてくれるため大変人気があります。
花柄にはたくさんの種類があり、桜や菊、牡丹など選択肢は幅広いです。

桜は、日本の国花でおめでたい印象を与えてくれるでしょう。
菊は長寿を表し、桜と同じく日本の国花です。
牡丹は、富貴や幸福を象徴する花です。

*振袖に人気の吉祥文様の意味とは

振袖によく使われる吉祥文様には、「縁起が良い」「おめでたい」という意味があります。
吉祥文様には、松竹梅、鶴、鳳凰などの柄があります。

厳しい寒さに耐える松、まっすぐ成長する竹、寒い時期に花を咲かせる梅は「歳寒の三友」と言われており、日本を代表する柄と言えるでしょう。
鶴は、不老長寿を願う柄です。
鳳凰は、平和な世界が実現する際に現れる縁起の良い鳥と言われています。

□まとめ

今回は、振袖の柄の種類についてご紹介しました。
上記でご紹介したことを参考に、振袖選びをスムーズに行っていただけると幸いです。
当社は、岡山で振袖レンタルを数多く担当しており、人気の高い柄もたくさんご用意しております。
ぜひ一度、あなただけの1枚を探しにきてみてください。
一覧ページへ戻る